インド,パキスタンで修行した店主のビリヤニ専門店,ジョニーのビリヤニ。スパイスカレーやバスマティライス,チャイキットも販売しております。
 
ベジミールスセット(coming soon!)

ベジミールスセット(coming soon!)

1,500
(30point)

↑ ↓

新登場!ジョニーのミールス

店舗移転時から提供していた南インドのミールス。

通販でもようやくご用意することができました。

ビリヤニとは違い、ご購入いただいたお客様にもひと手間おかけいただく商品となっております。それでも、ご自宅でミールスをご用意するよりは遥かにお手軽にミールスをお楽しみいただけると思います。

ジョニーはビリヤニの研究のためによくハイデラバードというインドの街を訪れていました。もちろん、ほぼ毎食、時にはお昼に2〜3件ビリヤニのためにお店をはしごしたりもしていました。

そしてその隙間を縫って食べていたのがミールス。南インドでは定番のごはんです。州や地方によって味付けが異なるのはビリヤニやカレーと一緒ですが、私が一番気に入ったのがアンドラプラデーシュ、以前までハイデラバードが州都を担っていた州のミールスだったのです。

アンドラプラデーシュ州のミールスの特徴は、旨い!!酸っぱい!辛い!すべてにおいて味が強いことです。なので、とてもご飯が進みます。ジョニーがいつもお店の賄いでミールスを食べるときはご飯をおかわりします。

食べ方はこうです(VegMealsの場合)。

まず、ポディとギーをご飯にかけ、よく混ぜて捏ねてから口に運びます。これがミールスいただきますの合図。英語ではGun Powderと呼ばれていて、まさに食欲に火をつけるふりかけです。ギーが染みたごはんが堪りません。

続いて、パップ。少しオレンジがかった豆のポタージュカレーをさきほどのポディとギーの場所にかけて、ご飯と一緒に一口。こちらも、まろやかで濃厚な豆の旨味とギーの風味が押し寄せます。思わず唸る美味しさです。後のために半分ほど残しておきます。

ここで少し野菜を食べます。素材自体の旨味や甘味に合わせてややあっさり目に仕上げたスパイスの炒め物。ご飯が進みます。そして野菜とピーナッツのスパイス炒め。あれ、野菜ってこんなに美味しいっけ?気づくとご飯が進みます。ピーナッツの食感もアクセントになってご飯が進みます。

お米ばかり食べてしまったので、みじん切りにされた野菜が入ったサンバルを一口。優しい豆のコクと、タマリンドの酸味が効いています。このサンバルを先ほどの野菜のスパイス炒めにかけて食べると、野菜と豆の旨味が合わさってまたご飯が進みます。

先ほど残しておいたパップを、青マンゴーのアチャールに少しかけます。アチャールはそのままご飯と食べても美味しいですが、パップと混ぜると酸味や塩味が穏やかになって食べやすくなります。

こうしていろいろご飯にかけて食べている間にいろいろカレーが混ざってきました。それがミールスの醍醐味です。最後にラッサムを全体にいきわたるようにかけて、お茶漬けのようにさらっと(辛いけど)〆るか、ヨーグルトをかけて爽やかに〆るか、日々悩んで楽しんでいます。

…ごちそうさまでした。

と、この文章を書いているときもそうですが、ミールスのことを考えるとものすごくミールスを食べたくなります。さっきご飯食べたばかりなのに。

魔性の南インドごはん「ミールス」、どうぞご賞味あれ。

 

ミールスそれぞれの商品説明

1 ソナマスリライス

アーンドラプラデーシュ州のミールスに主に使われるインドのお米です。軽いふわふわした食感なので、さらっとしたカレーとよく合い、また濃厚なカレーも受け止めてくれます。

2 野菜のスパイス炒め2種(甘味)

季節によって素材を変えます。2種類のうち1種はピーナツを使用し、食感にアクセントを加えています。どちらもスパイス使いはシンプルで、5〜6種類程度です。シンプルだからこそ違いの出る一品です。

3 サンバル(甘味・酸味)

タマリンドというマメ科の果物の酸味と甘みが効いた野菜と豆のスープです。「南インドの味噌汁」とよく例えられます。野菜ならほぼ何を入れても良い点と、豆がベースだからでしょうか。イ離僖奪廚シンプルに豆だけを使っているのに対し、サンバルは様々な素材が活きた料理です。

4 ラッサム(辛味・酸味・塩味)

生トマトをベースに、にんにくと胡椒を効かせたスープです。辛み付けに赤唐辛子を補助的に使うことで重層的な辛味の仕上がりにしました。

5 パップ(甘味・塩味)

トゥールダールを粒感がなくなるまで煮込み、かき混ぜ、ペーストに。仕上げにテンパリングして香りを引き出したホールスパイスたちをダールにジュワっとかけました。ギーのまろやか香りや旨味がカレーとは思えないポタージュのような一品です。

6 ポディ&ギー(塩味)

チャナダール、トゥールダール、ウラッドダールを、丁寧に時間をかけてローストし、また別にローストしたスパイスと合わせて粉末に。最初の一口にふさわしい優しい味わい。

7 アチャール(塩味・酸味・辛味)

とにかく強烈な味。梅干しを強化したようなものですが、いろいろ試してこの青マンゴーのアチャールになりました。今まであまりインド料理を知らなかったスタッフでも中毒者続出のご飯泥棒です。まずはパップとまぜてお召し上がりください。


アンドラミールス(Veg)
1 ソナマスリライスと野菜のスパイス炒め
名称 弁当
【原材料】ごはん(ソナマスリ米(インド産))、おかず(キャベツ、玉ねぎ、食用菜種油、にんにく、しょうが、チャナダール、ウラッドダール、香辛料、塩)、その他のおかず(ほうれん草、玉ねぎ、食用菜種油、ピーナッツ、にんにく、しょうが、香辛料、塩)
【内容量】1食
【保存方法】-18℃以下で保存
【賞味期限】製造日から3ヶ月

2 サンバル(豆と野菜のカレー)
名称 カレー
【原材料】トゥールダール、玉ねぎ、かぶ、タマリンド、食用菜種油、青唐辛子、香辛料、塩、チャナダール、ウラッドダール
【内容量】60g 
【保存方法】-18℃以下で保存 
【賞味期限】製造日から3ヶ月 製造日:

3 ラッサム(トマトの胡椒スープ)
名称 トマトスープ
【内容量】内容量 60g 
【保存方法】-18℃以下で保存 
【賞味期限】製造日から3ヶ月

4 パップ(豆のポタージュ)
名称 ポタージュ
【原材料】トゥールダール、玉ねぎ、トマトピューレ、食用菜種油、乳脂肪、にんにく、しょうが、青唐辛子、香辛料、塩
【内容量】60g 
【保存方法】-18℃以下で保存 
【賞味期限】製造日から3ヶ月 製造日:

5 ポディ(豆のふりかけ)
名称 ふりかけ
【原材料】トゥールダール、チャナダール、ウラッドダール、にんにく、香辛料、食用菜種油、塩
【内容量】10g 
【保存方法】直射日光を避け常温で保存
  【賞味期限】製造日から3ヶ月

6 ギー(インドの澄ましバター)
名称 バターオイル
【原材料】乳脂肪
【内容量】15ml 
【保存方法】直射日光を避け常温で保存 
【賞味期限】お早めにご利用ください。

7 アチャール(青マンゴーの漬物)
名称 マンゴーピクルス
【原材料】マンゴー、食塩、コーン油、香辛料、酢酸
【内容量】5g 
【保存方法】日光の当たらない冷暗所で保存
  【賞味期限】お早めにご利用ください。

【内容量】
【原材料】(定期的に細菌検査を実施しております)
【保存方法】
-18℃以下で保存
【製造者】
ジョニーのビリヤニ
石川県野々市市白山町4−1
冷凍でのお届けですが、保存料を使用しておりませんので、到着後はなるべく早めにお召し上がりください。

※こちらの価格は消費税が含まれております。
※送料は別途発生いたします。
※6,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。
※まれに封はされているのに空気が入っている商品がございますが、 品質に問題はございません。封がされていなかったり、大きく破れているものがあれば不良品です。 すぐに交換させて頂きますのでご連絡くださいませ。